logo 2018年 <立冬号>   animation
       
toumei home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

         

椋の言葉
 
  名栗で出会った帰り花。可憐に健気に吹かれていました。    
 
 
一句鑑賞
  line
 
  兄弟は多きが良けれ冬に入る
              鷲谷英一郎
 
 

親は大変だろうが、年をとったときには、しみじみとこう思うに違いない。離れていても肉親は心の支え。冬を迎える心には特に。(椋80号より)

               郷子
 
一句鑑賞バックナンバー back number  
line2
       
口絵写真【帰り花/返り花】    撮影:髙橋白崔 

 
 
newWhat's new
「立冬」号をお届けします

2018年11月7日

武蔵野だより117号
2018年10月23日
     
Since2009/2/4    カウンター

当ホームページの推奨環境はInternetExplore7.0以上です。
ダウンロードはここをクリック
  椋発行所 〒357-0112  埼玉県飯能市下名栗745-5 石田方
TEL/FAX:042-979-1245
   
  ※Page Top
line
   
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。