logo 2021年 <霜降号>   animation
       
toumei home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

         

椋の言葉
 
  秋の味覚のひとつですが素人には食用と毒茸の見分けがつきませんね。    
 
 
一句鑑賞
  line
 
 銀杏散りやまず体内時計ゆるり
            小杉健一
 
 

銀杏落葉はあたりを黄金色に明るく染め上げる。寛ぎを感じさせる色に時を忘れて浸った。句またがりの破調に気分がよく出ている。(椋98号より)

               郷子
 
一句鑑賞バックナンバー back number  
line2
       
口絵写真【茸】    撮影:髙橋 白崔
 
 
newWhat's new
「霜降」号をお届けします

2021年10月23日

武蔵野だより152号
2021年10月23日
     
Since2009/2/4    カウンター

当ホームページの推奨環境はInternetExplore7.0以上です。
ダウンロードはここをクリック
  椋発行所 〒357-0112  埼玉県飯能市下名栗745-5 石田方
TEL/FAX:042-979-1245
   
  ※Page Top
line
   
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。