Back number 10ku 石田郷子
line
                                                   
  春宵の我にうつすら絡み癖

 

  鳥帰る俯いて一人に戻る

  藤の花振りさけ見るといふことを

  折りとりし蕨を花のごとかざす

  草の芽や香箱坐りして猫は

  柃の花の香君を驚かす

真ん中のあやふかりけり春の橋   しばらくを漁りの鵜やうららけし

  山茱萸の花に朝の道ひらく

  春窮やなぞへに散つて猿の群

     

一〇六 号

 
                                                   
  金縷梅に顔集まつて来たりけり

 

  気心を知るといふこと花菜漬

  箔押しのしろがね色や春隣   亡き猫と聴いてをるなり霜の声

  ダムを見て寒さの底にゐるらしき

  寒禽のすぐそこにくる朝御飯

冬萌に大きすぎるよ独り言

  氷柱には木霊が棲んでゐるのかも

  冬眠の守宮をこぼす薪かな

  風花のあとさき空の底知れず

    木霊  

一〇五 号

 
                                                   
  稜線をなぞる眼差し年暮るる

 

  鹿狩の傾げて停める車かな

  朝 々 の蹄が踏みぬ霜柱   武蔵野をきのふ歩みし風鶴忌

  小春日やころがつてゐる蜂の首

  茶の花のほろりと蜂の移りたる

花柊うつむきて貌失なへる

  魂抜けし谺返りぬ今朝の冬

  柿とらぬ家あり人は住むらしき

  猪罠の中も荒草生ひにけり

     

一〇四 号

 
                                                   
  秋水に幼な子の名を訊きかへす

 

颯君 子どもらに稲刈月の野川かな

  摘みくれし秋草蟻をこぼしけり

  相逢うてともに芒のやうな髪

  葦のこゑ聴かんとすれば橋に人

  破案山子打たれ強くはなささうな

濯ぎもの金木犀の風に干す

  草の香の漢戻りぬ秋彼岸

  塗り椀も箸も古びぬ秋ともし

  鶏頭や物陰多き家に住み     橋に人  

一〇三 号

 
                                                   
                                                   
  水槽に日の差す時間小鳥くる

 

  あの頃は頑張つてゐた青棗   鳳仙花板打ち付けて捨つる家

  野仏のにつこりとして秋近し

  萍のうへを歩いてしまひさう

  うまくないけどとくださる真桑瓜 自販機とベンチと鉢のゼラニ ュ |ム

  夏の夜や照らせば鹿の眼のあまた

  県道を跳ねて森青蛙かな

  岩煙草たたなはるとは此のこと

    水槽  

一〇二 号

 
                                                   

line
line
line
line
line

  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。