Back number 10ku 石田郷子
line
                                                   
  声かけて人振り向かす立夏かな

 

  朝月の薄くれなゐや初蛙

  家 ご も り の 人 々 に 花 散 る こ と よ

  花散るやその音楽をとめたまへ

  このところ亀鳴くことの多かりき

  菜の花にしばらく停めてあるバイク

街道を下ると家や桃の花

  会はずゐてだんびら雪といふが降る

  あかあかと彼岸の入の火を熾こす

  地虫出づドアの把手をひと拭ひ

    把手  

九 十 四 号

 
                                                   
  すみれたんぽぽスケツチブツク閉ぢにけり

 

昭世さん 水筒に湯が鳴り亀が鳴くころぞ

  囀やお社に幣あたらしく

  マスクして目元うるみぬ柳の芽

  新しき湯呑が二つ日脚伸ぶ

  節分の影ゆたかなる林かな

探梅のけはしき磴をのぼりけり

  ときどきを枯草に寝て小屋普請

  くれなゐも萌葱も淡し切山椒

  松過ぎの徳利に胴のくびれかな

    湯呑  

九 十 三 号

 
                                                   
  歯固や添ひ遂げる覚悟はあるか   冬桜までの登りを一歩づつ

  年惜しむいつもの道を歩き切り   枯山へエンジンの吹き上りたる   凍空を来て卒論は出したとふ

杏香さん 猪のくつがへしたる霜柱   まなかひに崩落の山十二月   冬に咲くものを見てゆく歩みかな

  カlテンを冬日に引いて午後の部屋   扇面に竹と雀と冬浅し     歯固  

九 十 二 号
 
                                                   
  机とはときにくぐりて冬浅し   冬桜ほどのにぎはひ山の茶屋   皿一つ壺が一つや十三夜   まつ暗な水に棲むもの十三夜   紫苑咲く兄のやうにも仰がるる

  さやけさの牧の羊を見にゆかむ

ふけとしこさん 在祭その裏道を抜けに抜け

  けふもまた降りみ降らずみ昼の虫   かはせみを見る男らへ芦の風   常 山 木 咲 く 茫 々 と し て 昼 の 鐘    

十三夜

 



第九十一号

 
                                                   
  翻す言葉ありけり秋の百合

  レモン搾り切つて明日は雨あがる

  たけなはの秋の祭を背にす

  道化出てほういほういと在祭

  八月の獅子舞つて在轟かす

  葦原を水のぎらぎらしてとほる

  面影を抱き流灯を抱きにけり

  盆の家みんな二階にゐるらしき

  お煮しめの蓋を上ぐれば盆の家

  秋に入る売り場の棚にもの足して

   

翻す

 



第九十号

 
                                                   

line
line
line
line
line

  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。