Back number 10ku 石田郷子
line
                                                   
  走り根をまたぎて年を越すごとし

 

 

  寒星や涙とはふいにこぼるる

  寒き夜をみひらきしまま逝きにけり

  尾で応ふる猫よ十二月の窓よ

  猫なれどもの申したる年の暮

  小祠に茶碗転けたる小六月 枇杷咲いて人住んでゐるはずはなく

  靴履いて出づるうどん屋冬浅し

  糶られゐる刀の鍔や冬に入る   天泣のはつかな音も冬隣

    猫なれど  

九 十 八 号

 
                                                   
  邂逅の君踏むなそこ鹿の糞 

 

  それぞれのいそしむ稲を架けにけり

  咆哮の一夜明けたる猪の罠   月の出や叩いてならす蕎麦枕

  秋江や火の匂ひして人のゐる

  つゆけしや夕暮れの声捨てに出て 花生けに花のなき日よつづれさせ

  いつか逢ふ人の面影濃竜胆

  食べて寝て痩せてゆく猫草の秋   はたはたの飛んで朝焼すぐさめる

    咆哮  

九 十 七 号

 
                                                   
  群れ咲くは俑のごとしや曼珠沙華 

 

  鬼灯を供へ幼き人の墓

  花こぼす木があり盆の過ぎにけり

  葛の花散るよ誰にもかかはらず

 

  秋さりの小祠石を祀りけり

  八月の庭に髪切るための椅子 みちのくと聴けば涼しくなりにけり

  そよぎつつ近づいてくる毛虫かな

  目高の子星屑の綺羅持ちにけり

  吹き降りの雨にも鳴つて軒風鈴

    花こぼす  

九 十 六 号

 
                                                   
  サングラスしてカロリ l を控へねば   夏茱萸の甘くて渋し何時会はむ

  夜鷹鳴く腓返りに効く薬

  草引いてかはたれどきをやり過ごす   古祠あれば祈りて麦の秋   老鶯や山墓に道尽きにけり

  卯の花のこぼるる獣道縦横   湯を入れてポ ッ ト鳴りたる若葉冷   東京はえご咲く頃か湯の沸いて

  頰の朱き鳥の来てゐる端午かな     夏茱萸  

九 十 五 号
 
                                                   
  声かけて人振り向かす立夏かな

 

  朝月の薄くれなゐや初蛙

  家 ご も り の 人 々 に 花 散 る こ と よ

  花散るやその音楽をとめたまへ

  このところ亀鳴くことの多かりき

  菜の花にしばらく停めてあるバイク

街道を下ると家や桃の花

  会はずゐてだんびら雪といふが降る

  あかあかと彼岸の入の火を熾こす

  地虫出づドアの把手をひと拭ひ

    把手  

九 十 四 号

 
                                                   

line
line
line
line
line

  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。