Back number 10ku 石田郷子
line
                                                   
  無為の日のすなはち釣瓶落しかな

  鳩吹けばさすらふ熊も耳たてて

  闇淡きところ蚊遣火置くところ

  草滑りゆきしはくちなはか風か

  訝しむさまに蜥蜴の振り返る

  朝風や水恋鳥を聴きに出て

百合の香を手向けむ今年訪はざる墓   南天の散つて蜘蛛の囲華やぎぬ

  麦酒酌む草の匂ひのする人と

  木登りの帽子落とすなほととぎす

    鳩吹く  

一〇八 号

 
                                                   
  昔日や鏡の奥に蜘蛛が住み

 

  金輪際母にかなはず豆御飯

  時鳥渓を隔つるこゑならむ

  山霧のところどころの青山椒

  てつぺんに齧りし痕や真竹の子

  卯月野や陸続と来るオ|トバイ

一つ飛ぶ卯の花月のにはたづみ

  起きてきて青葉の雨に声こぼす

  そのこゑの聴こゆるやうや蝸牛

  木の花のこぼれ止まざる泉かな

    昔日  

一〇七 号

 
                                                   
  春宵の我にうつすら絡み癖

 

  鳥帰る俯いて一人に戻る

  藤の花振りさけ見るといふことを

  折りとりし蕨を花のごとかざす

  草の芽や香箱坐りして猫は

  柃の花の香君を驚かす

真ん中のあやふかりけり春の橋   しばらくを漁りの鵜やうららけし

  山茱萸の花に朝の道ひらく

  春窮やなぞへに散つて猿の群

     

一〇六 号

 
                                                   
  金縷梅に顔集まつて来たりけり

 

  気心を知るといふこと花菜漬

  箔押しのしろがね色や春隣   亡き猫と聴いてをるなり霜の声

  ダムを見て寒さの底にゐるらしき

  寒禽のすぐそこにくる朝御飯

冬萌に大きすぎるよ独り言

  氷柱には木霊が棲んでゐるのかも

  冬眠の守宮をこぼす薪かな

  風花のあとさき空の底知れず

    木霊  

一〇五 号

 
                                                   
  稜線をなぞる眼差し年暮るる

 

  鹿狩の傾げて停める車かな

  朝 々 の蹄が踏みぬ霜柱   武蔵野をきのふ歩みし風鶴忌

  小春日やころがつてゐる蜂の首

  茶の花のほろりと蜂の移りたる

花柊うつむきて貌失なへる

  魂抜けし谺返りぬ今朝の冬

  柿とらぬ家あり人は住むらしき

  猪罠の中も荒草生ひにけり

     

一〇四 号

 
                                                   

line
line
line
line
line

  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。