Back number 10ku 石田郷子
line
                                                   
 

エンジンの吹き上がりたる草の絮

 

烏瓜筒抜けといふ話しごゑ

 

家内に犬吠えてゐる紫苑かな

 

つゆけしやついと煙草を吸ひに出て

 

鷹渡る御萩を二つ食べし日に

 

まるめろかくわりんか昼の深くして

  秋蒔きを了へて空心菜を摘む  

文机にむかごの影の置かれけり

 

野あさがほ咲いて陶土を叩く音

 

寝穢き人にも小鳥来てをりぬ

    鷹渡る  



第七十九号

 
                                                   
 

秋蟬の鳴くこれでもかこれでもか

  文月の露店に売つてとんぼ玉   ポンと傘開いて立てば秋の声  

消しゴムをおほいに使ひ夏終はる

 

鳴神や二階に顔の犇いて

  ひと雨のありさうな風古簾   トラ ックのゆらりと出づる朝曇   町川のとろりとありぬ凌霄花   これくらゐ跳べると思ふ夏帽子  

暑き日や松の高さに目を上げて

    町川  



第七十八号

 
                                                   
 

此岸にも彼岸にも合歓散るらしき

 

 

戸の開いて観音堂の涼しけれ

 

卯の花も汝の手袋も真白なる

 

万緑の吊橋を揺らすなよ君

 

鄙人に鳴らす汽笛や大南風

 

引き上げて緑映れるプルト ップ

 

 


 

 

朝 々 の草引くみんな顔見知り

 

 

よく見れば近所の人や茶摘籠

 

 

梅の実のこぼれてものを云ふごとし

 

 

石垣の古きがよけれ鉄線花

    汽笛  



第七十七号

 
                                                   
 

思はざるところに摘んでゐる土筆

 

 

野遊びのポケ ッ トの手を出しなさい

 

遠ければ花のごとくに木 々 芽吹く

 

金縷梅のほとりに人の消えやすき

 

自販機の陰に人ゐる黄水仙

 

そばに来て挙ぐ若草のやうなこゑ

 

 


 

 

人影に馬酔木の花の曇りけり

 

 

花桃の奥に住まひて返事する

 

 

誰彼に声かけてゆく日永かな

 

 

旧道に大き碑初蛙

    旧道  



第七十六号

 
                                                   
 

桃生けて仰山蕾こぼしけり

 

 

雛の客畳の縁を踏みまくり

 

いづこから見ても逆光春の鳥

 

高垣にずつしりと空木の芽どき

 

水温む犬はきりりと尾を巻いて

 

そんな気のなくて登りし春の山

 

 


 

 

野遊の双手つきたる坂がかり

 

 

勢子一人道に出てゐる猟名残

 

 

探梅の人ごゑ橋を渡り切る

 

 

猪吹きしあときらきらと霜の花

    逆光  



第七十五号

 
                                                   
 

百合鷗海神のこゑ挙げにけり

 

よく吠ゆる犬にもメリlクリスマス

 

熊笹に葉ずれの音やクリスマス

 

一陽来復水底のつばらかに

 

日の差せる小径が見えてゐて寒し

 

エプロンを貸してもらひて餅まるむ

 

 


 

 

けふ空のまさをに餅を搗き始む

 

 

枯芦の色の向かうの丸ポスト

 

 

蓮枯るる振子時計のしづけさに

 

 

小雪や踊り場に置く小さき灯

    小径  

第七十四号
 
                                                   
 

雨溜めて皀莢の実の冬に入る

 

冬近し朝より聴く風の音

 

寄せ合ひて椅子のまちまち天の川

 

裏年の柿をさびしむ鳥のこゑ

 

つゆけくて人振り返るあまたたび

 

戸袋に戸がぎつしりや昼の虫

 

 

 


 

 

雨の栗拾ひに出づる二人ほど

 

 

生り捨てのもののいろいろ厄日過ぐ

 

 

草の花散り敷くといふことのあり 

 

 

近道の獣道なる葛の花

    近道  

第七十三号
 
                                                   
 

穴惑ひ真つ逆さまに落ちにけり

 

もう空が映りて秋のにはたづみ

 

雨垂れの観覧席や秋祭

 

さを鹿の食みゐる草のとがりかな

 

千屈菜やみんなで出でし川つぷち

 

手を入れて絹のごとしや秋の水

 

 

 


 

 

ゆくりなき常山木の花のさかりかな

 

 

かはせみの弾のごとしや初嵐

 

 

板の間は素足で歩け秋はじめ 

 

 

三伏や鳥のかたちのおまんぢゆう

    板の間  

第七十二号
 
                                                   

line
line
line
line
line

  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。