Back number 10ku 石田郷子
line
                                                   
  頰杖に夏至といふ日も過ぎにけり

 

  水無月や夜の川音を聴きに出て

  滑落はせじ筒鳥のこゑぽぽと

  満目に風出でにけり花楝

  梅漬けてきて昼よりの山歩き

  あけがたや匂袋の鈴鳴つて

摘めば指刺して早乙女苺かな

  草引いてある明らかに住んでゐる

  ドアノブのしんと光れる青葉かな

  滴りにいづれの声もとほくあり

    夜の川音  

一〇一 号

 
                                                   
  水木咲く端的に物申されよ

 

  春深し手を振りあつけなく別れ

  こぼしたる言葉を拾ふごと菫

  半日を森に過ごしぬ草若葉

  リラの雨それでも八九人は来て

  草いちご咲くほろほろと山の鳥 通らせてもらふ庭先山椒の芽   目秤の手秤の春厨かな

  虎杖を摘むに小溝をひと跨ぎ   蟻出でて恙無きこと喜べり

    恙無き  

一〇〇 号

 
                                                   
  万の枝けぶらふバレンタインの日 

 

  ゆきあひの猫にいふ水温むこと

  朝月に差したる金や寒明くる

  裏山のありて笹子が鳴いてをり

  お三どんてふをしてゐて日脚伸ぶ

  いつか会ふ霜晴の日 々重ねつつ

枯園のはたて二宮金次郎   粥柱つまめば伸びてまだ眠し

  三日はや四肢のびやかに山に入る   ゆくりなく昼のテレビに笑ひ初め

    万の枝  

九 十 九 号

 
                                                   
  走り根をまたぎて年を越すごとし

 

 

  寒星や涙とはふいにこぼるる

  寒き夜をみひらきしまま逝きにけり

  尾で応ふる猫よ十二月の窓よ

  猫なれどもの申したる年の暮

  小祠に茶碗転けたる小六月 枇杷咲いて人住んでゐるはずはなく

  靴履いて出づるうどん屋冬浅し

  糶られゐる刀の鍔や冬に入る   天泣のはつかな音も冬隣

    猫なれど  

九 十 八 号

 
                                                   
  邂逅の君踏むなそこ鹿の糞 

 

  それぞれのいそしむ稲を架けにけり

  咆哮の一夜明けたる猪の罠   月の出や叩いてならす蕎麦枕

  秋江や火の匂ひして人のゐる

  つゆけしや夕暮れの声捨てに出て 花生けに花のなき日よつづれさせ

  いつか逢ふ人の面影濃竜胆

  食べて寝て痩せてゆく猫草の秋   はたはたの飛んで朝焼すぐさめる

    咆哮  

九 十 七 号

 
                                                   

line
line
line
line
line

  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。