Back number 10ku 石田郷子
line
                                                   
  遠すぎる声と思ひぬ時鳥

  これもまた雨に散るもの栗の花   夏至の日やノlトに影を走らせて

  くちなはの三尺ほどをまたぎけり

  青梅雨や本棚に本傾きて

  森青蛙こんなに暗き水に棲み   結界のほとりの蟇の鳴きにけり

  花とべら荒磯の風に香りけり

  突つ切つて城跡といふ大夏野

  若葉眩しくタクシlに手を上げて

   

栗の花

 



第八十九号

 
                                                   
  死者のこゑ満ちゆく蕨折りにけり

  みどりごの足裏が真つ赤竹の秋   エリlゼのために薔薇の芽が窓に

  三杯酢合はせてゐたる目借時

  目借り時立てば頼まるる用事   薄ら日やにはとこの芽のふつさりと

  春の山コlヒl販売車が停まり

  土筆摘む音やしばらく耳澄んで

  まんさくの散つて百姓一揆の絵

  三月を少し歩いてくるといふ

   

こゑ

 



第八十八号

 
                                                   
  かがよひて春の泉となりゐたり

ハ l ブ テ ィ l チ ェ リ l ボ ン ボ ン 春 の 昼   永日の光りて過ぐる鷹の腹   さめぎはの夢かも河原鶸とんで   バス少し待つてくれたる春の雪   春寒のそれでももう少し歩く   春禽の色とんでゆく林かな   昇つたり降りたり春のまだ浅し   囀や工房にある中二階

  浅 春 の 木 々 をゆがめて吹き硝子

    永日  

第八十七号
 
                                                   
  大鍋の蓋あく落葉降る音に

  怖ろしきものの映らむ冬泉   寒き手の魂なき枝を摑みけり

  浮石を踏めば冬青空揺らぐ

  冬空に鋼光りをして鷗   屋上に育つサボテン小六月   その人の世捨人めく毛糸帽

  白椨の花よ冬日のやうな花   むささびの寝息をきかむ古社

  綿虫のそこが結界かもしれぬ

   

寝息

 



第八十六号

 
                                                   
  十月の山茶花ふいに香りけり

  マスカ ット盛つて大きな雨の窓   画室より見えたる雨のくわりんかな

  けふもまた秋の団扇をつかふとは

  柿生つて二三干しある男物   渋柿をかじりし猿か山彦か   見られつつ飛んでくるなりあぶれ蚊は

  波板のガタンガタンと草の絮

  山墓へ花野の径の尽きにけり

  倒木をくぐりて秋の遊びせむ

   

倒木

 



第八十五号

 
                                                   
  桔梗やしあはせにならねばならぬ

  婚成つて傘に蜻蛉の止まりさう

あかりさん 秋草の中なる吾を見失ふ   落柿の音に今年も驚きぬ

  ゑのこ草こんなにこぼす傘しづく

  むささびの穴の下なる秋祭   秋近き水のほとりといふところ

  風鈴に午後の憂ひのありにけり

  蝉時雨セダンのドアが断ちにけり

  雨零す朝の百合や勝彦忌    

秋草

 



第八十四号

 
                                                   

line
line
line
line
line

  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。