logo 2017年 <芒種号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第100回 新緑の井の頭恩賜公園

     
 

    ~  ~

     
         

   武蔵野だよりは今回で区切りの100回。   

   今日のににの会は、ホームグラウンドの荻窪を飛び出して

   新緑の井の頭公園を吟行です。

   井の頭線井の頭公園駅」からスタート。

  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

  これぞまさしく新樹光!

 
line
 

      水木の花も満開を迎えています。

 

     

 
 
 

 

 

 緑蔭の語らいはいつまでも続き・・・

   

 

    

 

 

 

    しづかな刻をふりそそぐえごの花

 
 
   

 

 

    

 

   

   池には鳰の浮巣が。 まさに抱卵期でしょうね。

 
 

 

 

 

 

      今が一番よい季節と思わせる水辺。

   
                           
   

 

  

 

 

  神田川の源流という「お茶の水」。

  今は残念ながら自噴ではなく、

  ポンプで汲み上げているそうです。

 

 
 

   

 

 

   

             さて、処変わってこちらは動物公園。

       緑蔭ではお弁当タイムが始まりました。

 

    

 

      

 
   
      

   山羊達も昼ごはん!

   この黒い子は飼育員から離れません。

 
   
        

      鹿たちの旺盛な食欲に驚きます。

                   

 

 

   日傘の集団は椋の面々。

   こちらは野草に目を奪われっぱなし。 

 

         

 
 

 
 

   そのお目当てのひとつ、甘野老(アマドコロ)の花。  
   
         

  句会場の童心居では思い思いに推敲の時間が。

 

   
      郷子代表を囲んで句会が始まりました。

  特選をとるのは誰の句?

 
   
      青葉風に、初夏の花たちに癒された一日でした。    
         
         
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年5月12日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。