logo 2017年 <小暑号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第101回 椋の駿河吟行会<前篇>

     
 

    ~ 大井川SLの旅 ~

     
         

   久し振りの椋吟行会。スタートは好天に恵まれた   

   五月の大井川鉄道「金谷」駅です。

   さて、どんな旅になるでしょう。

   懐かしいお顔にお会いするのも楽しみです

  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

  駅頭に集まってくる椋の面々。

  合流する関西勢を待ちます。

 
line
 

      入線したSLを前に、石田代表の笑顔が

      眩しいですね。

 

     

 
 
 

 

 

      さあ、そろそろ出発。  

 

 

 

    旅の愉しみのひとつですねえ・・・

 

 
 
   

 

 

    

   

   越すに越されぬ大井川五月というのに

   この日は暑いくらいの晴天です。

 
 

 

 

 

 

      車窓の茶畑がまぶしいくらい。

   
                           
   

 

  

 

 

  大井川鉄道「千頭(せんず)」駅を降りて

  イザ、新緑の清流ウォークへ。

  ここは小長井の吊り橋。

  よく揺れて定員5名という心細さ・・・

 

 
 

   

 

 

   

             可憐な花にも目を止めて。

      

 

    

 

      

           庭石菖の群生に出会いました。 

 
   
      

   吟行で渇いた喉をうるおすのはこれ!

   みんな自然と笑顔になります。

 
   
        

     楽しいひとときを運んでくれたC56とは

     ここでお別れ。

     金谷駅から掛川へ移動します。

 

                   

 

          

 
 

 
 

   掛川城近くの「大手門 うおそう」で待望の夕食。  
   
         

        一日の疲れを癒す「乾杯!」の声が響きます。

 

   
      郷子代表を囲んで句会が始まりました。

  心に残った景を読み込もうと皆真剣。

 
   
         

 

 

 

       こうして初日の夜は更けてゆきました。

 

 

               *後篇は「大暑号」でお届けします。

   
         
         
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年5月20日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔/亀井 千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。