logo 2018年 <立夏号>    
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第110回  名栗の春祭を尋ねて

     
 

    ~ 爛漫の春に遊ぶ ~

     
         

     いつもの矢川句会の面々が飯能駅に集合。

    いつにも増して新鮮な気分で話も弾みます。

     

   

 

    

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

    送迎バスを降りて早速付近を散策。

    

 
line
 

  

    切株も句材のひとつ・・・

 

     

 
 
 

 

 

   

 

 

     名栗のミツバツツジはいまが盛り。

   

       その名の通り三葉が出て。  

 

 
 
 

 

  

 

 

    石田代表が山雀亭から駆けつけました。

    「お天気で良かったですね」

 

   

   

 
         

      

  

 

 

   大松閣の山の茶屋で

   ランチ前の歓談のひととき。

   

                   

     

                 

 

 

 

  代表は、かたくり御膳を注文。

  他に朴葉御膳と二種類あり、迷いました。

   
       

 

       

 

 

  

 

  

     すこしだけ俳句を忘れて舌鼓。

 
 

   

 

 

   

    ランチタイムの後は、本日のお目当て、

    三照神社の春祭を目指して、参道を登ります。

    それにしても先生は健脚。  

              

      

 

    

 

      

            

 
   
          

    皆でおごそかな祭礼に見入ります。   

  

 
   
        

      

   

                   

 

          

 
 

 
 

       これは紫華鬘(ムラサキケマン)

    

      道端にのぞく春の顔三態。

 
   
 

    この日はたらの芽も詠まれましたよ。

   
   
       古民家ひらぬまが今日の句会場です。  
         
          

     名残の雛飾りを背に作句中。

     本日の席題は案の定「春祭」。

   
         
     春の日の差す広間で、句会もいつもより華やいだ気持に。  
         
 

  名栗の桜に今日の余韻を残して・・・

  またこの仲間で名栗を訪れたいなあ―

   
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2018年4月1日  
 
       
  撮 影・文:亀井 千代志 / 高橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。