logo 2018年 <芒種号>    
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第111回  夏の初めの実りとは

     
 

    ~ 矢川の五月は光あふれ ~

     
         

     もう矢川駅に集ってますねえ。

    今日の句材は何かな。

     

   

 

    

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

    かつて犬小屋のあった場所には罌粟が咲き乱れ。

    

 
line
 

      

 

     

 

 

 

   銭葵の向こうには歩く会らしい集団が・・・

 
 
 

 

 

   余花が見えますでしょうか。

 

 

        

      矢川は今が黄菖蒲の盛りです。

 
 
 

 

  

 

 

    五月の強い日差しに日傘が大活躍。

 

   

   

 
         

      

  

 

 

   桜の実はまだ渋そう。

                                     

 

 

 

  木苺は食べ頃、早速この手の持ち主の口に入りました。

     
   
       

 

       

 

 

  

 

  

     杜の草苺も良く熟れています。

 
 

   

 

 

   

    これは苗代苺と、先生が教えてくれました。

              

      

 

    

 

      

            

 
   
          

    木道の先客に驚く。  

  

 
   
        

      

     蛇苺は沢山ありましたが、食べても不味い

                   

 

          

 
 

 
 

       

       桑の実はまだ赤いので来月かなあ・・・  
   
 

    道端に落ちている杏の実からは芳香が立ち上り。

   
   
       案の定、席題は「苺」。  
         
          はつなつの花は光に溢れています。

     

   
         
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2018年5月6日  
 
       
  撮 影・文:高橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。