logo 2018年 <白露号>    
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第115回  残暑の井の頭恩賜公園に遊ぶ

     
 

    ~ ににの会八月例会 ~

     
         

     今日のににの会は主戦場の荻窪からほど近い

      井の頭恩賜公園を吟行します。

      まだまだ日差しは盛夏のまま。

   

 

 

      

 
 

 

 

 

 

   

   

 

    井の頭線の井の頭公園駅を降りれば

    すぐ入口です。

    

 
line
 

      すぐに百日紅の花に目が行きました。

      この高さになるのは珍しいと公園の方が

      写真を撮っていました。(オレンジの服の人)

 

     

 
 
 

        

 

 

       

     

 

   地面には百日紅の散華が・・・

 
 
 

 

       

 

   

   

 

     

    スワンボートを漕ぐのも暑そうです。

 
   

      

 

 

    

     橋の上でばったり出会ったのは

     千枝子さん(左)とくるみさん。

     秋日傘が手放せませんね。

 

  

   

                                       

 

 

 

   お二人が見ていたのは川鵜。

   暑さに動きません。

   池が緑色に濁っているのは青粉(あおこ)と

   いう藍藻のせいだそうです。

   
       

 

       

 

 

  

 

  

     檻の鳥たちも残暑にぐったり。

     

     

 
 

   

 

 

 

     神田川の源泉「お茶の水」。

     新涼を求めて尋ねてみました。

 

  

                 

 
   
          

    切り株の茸にすこし癒されました。

  

 
   
          

    動物園では山羊が「高きに登って」いました。

    少しは涼しいのかな?

                   

 

        

 

 
 

 
 

      

 

   

猿たちは日陰から出てきませんね。

 

  

 

 
   
 

       こんな珍しい竹を発見!

         盆東風が心地よい・・・

   
   
   

 

 

  句会場となった童心居にはもうメンバーが

  集まっていますね。

    

 

 
          思い思いに句想を練っています。

        締切までもうすぐ。

   
   
        底紅の花が、句会後の暑気払いへ向かう

    我々を見送ってくれました。

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2018年8月10日  
 
       
  撮 影:髙橋 白崔 文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。