logo 2019年 <清明号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第122回  上野の山も春めきて

     
 

    ~ たまには動物園も ~

     
         

        今日は不忍池から歩き始めましょう。

        「鳥雲に入る」には一片の雲もなく。

   

 

    

 
 

 

     

 

 

  

    

   

   手すりを占拠するカモメたち。

 
line
 

        池の畔に駅伝の碑を見つけました。

 

     

 
 
 

        

 

 

       

     

 

   苗木市の準備が進んで。

 
 
 

 

       

 

   

   

 

     

  色々な春愁のポーズがあるものです。

 
   

      

 

 

    

          

         子規球場

         素振りの音も春めいて。       

 

  

   

                     

           

                   

 

 

 

   動物園に入りましたが、90分待ちのパンダ舎は避けて。

   
       

 

                

 

       砂浴びの象の背にも春の日が。

 

 

  

 

 
 

   

         

 

 

           檻の鵟(ノスリ)

           どことなく春愁の眼差し。

           

 

  

       

 
   
                 ここにも「考える人」が・・・  
   
      

         楽しいランチタイム。

                   

 

    

 
     
              「亀鳴く」と言いたくなるような甲羅干し  
   
              句会場へ入る日差しも春そのもの。    
          

       

  

     

   手を打てばすぐにも開きそうな蕾。

  

   上野の花見はもうすぐです。

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2019年3月15日  
 
       
  撮 影&文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。