logo 2019年 <大暑号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第126回  椋吟行会~福井の旅

     
 

    ~ 【後編】三国湊・東尋坊 ~

     
         

      

  吟行二日目は北前船の歴史の町、三国湊へ。

       

 

    

 
 

 

    

 

 

      

このエリアは街中が文学館になっています。さっそく案内板に立ち止まって。

向かいは作家、高見順の生家です。

 
line
 

      

 

 

 

 

     

    

 
 
 

        

       

 

 

 

九頭竜川を望む曹洞宗金鳳寺には、

芭蕉を偲んだ初雪塚をはじめ、

数々の句碑が並んでいます。

三国湊は俳諧が盛んな土地だったのですね。

 
 
 

       

      

 

   

町並みを抜けると、海と見まがうほど広々と川面が広がります。

 

 
   

 

        

 

 

   

ふと訪れた「三味線茶房竹よし」さんで、風情ある三国節を堪能。

椋からも飛び入りで演奏に加わりましたよ。

                                                    

   

 

夏薊と海洞花が迎えてくれる荒磯遊歩道。

東尋坊を目指して、それぞれのペースで歩きます。

  

 

   
 

         

 

 

 

    

   

 
 

           

  日本海らしい表情をみせる東尋坊に到着。

 

  

       

さすがに険しい東尋坊。

彼方に佇むカップルはさぞドキドキしているでしょうね。

念のためですが、椋の人ではありませんよ。

 
   
           

 

     

今日もいっぱい歩きました。ちょっとひと休み。

 
   
   

    

さあ、二日目の句会です。みなさん真剣な表情で。

  

 

  

 
     
   
              

 
                   二日間お疲れ様でした。また来年、一緒に歩きましょう。  
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2019年5月26日  
 
       
  撮 影:亀井千代志/岡村潤一 文:亀井千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。