logo 2019年 <小寒号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第131回  冬ざれの小道

     
 

    ~ ハケ下の湧水地 ~

     
         

      

  

  冬晴れの一日、今日も通い慣れた

  矢川の小道を歩きます

  

       

 

    

line  
 

 

    霜覆に守られているのは?

 

 

 

 

 
line
 

    鳥居だけの場所を尋ねたり小さな社を覗き込んだり

    とかく俳人は探究心旺盛です

 

 

 

 

   

    

 
 
 

        

       

 

 

 

 

 

 

 ピラカンサ。

 ここまで密集するとグロテスクかも

 

 
 
 

         

 

 

    

    こんな冬日和ならどこまでも歩けそう

 

   

  

 
   

  

 

   湧水へたどり着くと菜洗いの軽トラが

   

 

  

 

       ベンチがあれば坐って句作

  line  
 

  

 

 

 

    

   

 

  

   今を盛りの冬菊

 
 

           

    

 

 

        枇杷の花が開きかかっています

        ポップコーンが爆ぜるよう

     

 

 

   

   

 
   
               

 

     

 皇帝ダリア。

 ようやく歳時記に載りましたが何故か秋季

 

 
   
   

      ピントが合っていません ガマズミの実です

 

  

  

 
   
      句会場の入口の室礼  
      句会ではどんな句が飛び出すか

    

   
      

一年間、「武蔵野だより」をご覧いただき

ありがとうございました

 

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2019年12月1日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。