logo 2021年 <小寒号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第155回 上野は冬日和

     
 

   ~都心に探す冬の足音~ 

     
         

       今日は上野の納め句会

       冬晴れの中、根津神社からスタートです。

       

       

 

    

line  
 

 

      

 

 

 

  

  

 

 歳晩の権現はひっそり。

 冬木立の存在感だけが際立って。

  

 
line
 

          

 

 

 

   

 

 
 
 

           

    冬青空に木影が映えますね。

 

 

   

 
 
 

                    

 

   

 

 

   

 不忍池まで戻ればこの景色。

 
    

 

    

      

       

 

 

      

       

 

  

  

 

 

  何羽いる?

  line  
 

       

 

 

  

  

        

 

  

 
   
 

    

 

 

  

 

 

  初詣の準備も着々。

 
   
     

 京成電鉄の旧「博物館動物園駅」が公開されて

 いましたので覗いてみました。

 

 

 

 
   
   

 左が天井、右が扉のレリーフ。

 

 
    台東区の施設が定例の句会場。

 

 
      ゆったり距離を取って納め句会が始まります。

   

 

 

 
   
       コロナに振り回された一年でしたが

     何とか吟行句会が再開できました。

     来年はより賑やかな句会となることを

     祈っています。

     
   
         
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2021年12月17日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。