logo 2022年 <清明号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第158回 小雀の会の吟行レポート

     
 

    ~名栗の浅き春を訪ねて~ 

     
         

       コロナ禍でなかなか身動きが取れない

      昨今ですが久し振りに名栗の里を

      訪ねました。毎月第二土曜日は小雀の会の

      吟行があります。

      代表のお宅山雀亭の樹々も萌えはじめて

        いますね。

 

    

line  
 

 

     

 

 

  

 

 

  

 
line
 

          

 

 

 

   

 

 

 

 こんなオブジェにも春の日差しが。

 
 
 

  

 一行は右から雀先生、かけるさん、あをねさん

 ぱんださん、英子さんの五人。  

 

    

 左端は千津子さん。もう何か発見したようです。

 
 
 

                    

 

   

   

 

   桜草を発見。

 
    

      

 

 

 

      

  納屋らしき建物に愛らしい時計が。

  「名栗村」の看板が時代を思わせます。

       

 

  

  

 

 

  ここは「ノーラ名栗」という新しい

  レジャー施設のようですね。

  line  
 

        

 でも一行の関心はもっぱら金縷梅に向いて。

 

 

  

  有間ダムへと向う途中にはこんな”生き物”が

  

 
   
 

    

 

 

 

   

       先生はいつも先頭。

 
   
     

遠くの山並は霞んでいます。

いつも静かなダム湖には癒されますね。

 
        

     湖畔のテラスで休憩タイム

 

 

 

    あをねさんが食べているのは「しばづと」。       この辺りの名物らしいです。

 
   
     ゆっくりと山雀亭へ引き返す連衆。  
   
 

 

 

 ミニ句会を前に推敲が始まりましたね。

 
   
       

  

   

   今日も沢山の句材に出逢いました。

 次に名栗を尋ねるのはいつかな。

 
   
         
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:20220年3月12日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。