logo 2022年 <寒露号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第164回 初秋の谷保を自主吟行

     
 

    ~秋の句材を訪ねて~ 

     
         

       秋全開の谷保には最もふさわしい稲穂波。

     

       

 

    

line  
 

 

     

 

 

  

  

 

 

 自主吟行の連衆にとって大切な句材。

 
line
 

       今年の出来はどうでしょうか。

 

 

 

   

 
 
 

  

   

 

    

    

 

 

 この前では誰もが立ち止まる。

 
 
 

                    

    

 

 

 

               何を見上げている?  

 

   

      

 
    

      

         

  

 

 

    

 

 

 

 答は葛の花。

       

 

  

  

 

 

 今年も幼稚園の案山子は健在。

  line  
 

        

     

 

     

          のどかな案山子日和。

  

 

  

  

 
   
 

    

 

 

 

   

  

 

  台風接近の予報に一家総出の稲架づくり。

 
   
         父と子が採っているのは?

   

 

 

 
        

    

 

 

 溝川には珍しい藻の花が咲き乱れ。

  

 
   
 

       杜の縁には曼珠沙華。

 

   
     いつもの濡縁で思い思いの昼餉。  
       句会はなくともそれぞれ推敲の真っ最中。

     

     
   
          来月はいつもの句会場でお遭いしましょう。

 

 
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:20220年9月17日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。