logo 2022年 <立冬号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第165回 深まりゆく谷保の秋

     
 

    ~秋の句材を訪ねてPart2~ 

     
         

       今日の谷保は柿日和かな。

     

       

 

    

line  
 

 

     

 

 

  

  

 

 

 三々五々連衆が集まってきました。

 
line
 

      タクリー号の顔嵌めに興じるのは誰?

 

 

 

   

 
 
 

  

 

    

    

 

 

 ここには多くの句材になる樹々があった筈。

 
 
 

                    

    

 

 

            伐採された法面に

            皆、呆然とするばかり。  

 

   

      

 
    

      

  

  稲刈りと稲架作りは同時進行。

 

 

 

       

 

  

  

 

 

 幼稚園の田圃も先生、父兄総動員。

  line  
 

        

     

 

     

        見事に色づいた小紫、

        誰か詠むかな。

  

 

  

  

 
   
 

    

 

 

 

   

  

 

  この時期の定番が登場。

 
   
         

     この姿、品を作っているようだと

     句会で詠まれた方がいました。

   

 

 

 
        

    

 

 

 名を訊けば誰でも一句作りたくなる

 冬青(そよご)の実。

  

 
   
 

      今日も十数名の参加でリアル句会。

 

   
     夏雲システムを駆使して投句。  
       暮の秋が肌身に感じられる一日でした。

     

     
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:20220年10月15日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。