logo 2022年 <小寒号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第167回 歳晩の谷保

     
 

    ~冬ざれの野を巡り~ 

     
         

       谷保天神は冬紅葉に彩られて

     

       

 

    

line  
 

 

     

 

 

  

 
line
 

     梅林の片隅の侘助が出迎えてくれる。

 

 

 

   

 
 
 

  

 

    

    

 

 

 定点観測のポイントで見上げるのは。

 
 
 

              

    俳人好みの枇杷の花とねずみもち。
 

   

      

 
    

      

  

  

 

 

 

 

 

 三椏の蕾もだいぶ膨らんでいますね。

 

       

 

  

  

 

 

 金色の粒々は灸花の実。嫌われる花ですが

 その実は可憐。

  line  
 

        

     

 

     

        葱畑など横目にしながら。

  

 

  

  

 
   
 

    

 

 

 

   

  

 

  城山の冬紅葉3態。

 
   
          

   

 

 

 
        

    

 

 

 濡縁では思い思いの昼餉、

 そして推敲。

  

 
   
 

     古井戸には屋根草が青々と。

 

   
     句会前の緊張感が漂う。  
        

     枯柏が裸木になるのはもうすぐ。

     来年も変わらず句会が出来ますように。

   
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2022年12月17日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。