logo 2015年 <大雪号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第82回 関西月見吟行レポート

     
 

    ~滋賀堅田、近江今津の名月を愛でる~

     
         

    去る10月27日から28日にかけて、石田代表をお迎え

    して、琵琶湖のほとり堅田、近江今津の名月を愛でる

    月見吟行会が開かれました。今回は初めて関西句会の

    活動をご紹介。 

    到着した石田代表と早速バスに乗り込む。

 

       

 
 

 

     名高い堅田の浮御堂は流石の佇まい。

 

 

   

   

      湖に向かえば誰しも詩人。

 
line
 

   汀の晩秋の佇まいが否応なく詩情を誘います。

 

     

 
 
 

      

  おとせの浜には、文学碑がいくつも並ぶ。

   今夜は満月が見られるかどうか・・・

 

    

    葦の揺れ、水鳥の声、風の音にただ耳を澄ますひととき

 
   
        

狭きバス停。皆の頭の中は今夜の満月のことでしょうか。

それとも句会のこと?

 
              
   
 

    

     何か気配を感じたかと思うと赤いものが窓に。

 

 

    天気予報を覆し、20分ばかりの満月ショー。

    みんなの祈りが実った瞬間!

 
 

 
       

 宴席の話題は、まずは代表の第三句集のこと、そして満月 のこと。

 

 

    

 
      久し振りの代表を囲んで話は尽きません。       
   
   

  楽しい宴席の想いを断って句会へ。代表、としこさんも

  真剣な面持ち。

 
   
 

      

   
   
       一泊の吟行句会もあっという間。

  また来年も代表をお迎えしたいものです。

 

 
   
         
   
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2015年10月27~28日  
 
       
  撮 影・文:岡村潤一  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。