logo 2016年 <立春号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第84回 初吟行・初句会

     
 

    ~矢川緑地は淑気に満ちて~

     
         

    

 今日は初句会。矢川駅からは富士がうっすらと。
 気分も新たにいざ出発。

    

 

       

 
 

 

  ここ数日、暖かい日が続いたせいか、
  ブロッコリーが茎立ちしています。

 

 

   

   

      ユズリハの若葉が際立って。

 
line
 

  

 

     

 
 
 

   

 

         川辺の柳に心を寄せます。

 
   
      

 寒鯉もなんだか動きがウキウキしていますよ。

 
              
   
 

    

   

 

  「鮠は泳ぎが速いからハヤというのよ……」

   洒落ではなくて、実際にそういう説があるそうです。

 
 

 
 

 ミクリやカワヂシャも色が生き生きしてきました。

      

   おシリ振り振り、ハクセキレイの御慶です。    

 
   
     
         
     

   好天に恵まれて、清々しい矢川緑地。

     
   
   

  

  句はできたかな? そろそろ句会場へ参りましょうか。

 
   
 

      

    いつもの句会場も、今日はなんだか改まった気持ちに。  
   
     
 

  初句会は特選を選んで、作者に天賞を贈呈します。

     
     
 

          なごやかに、にぎやかに、年の初めにふさわしい句会でした。

 
   
       
       

     みなさま今年もどうぞご健吟のほどを。

     

 

 
   
         
   
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年1月10日  
 
       
  撮 影・文:亀井 千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。