logo 2016年 <清明号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第86回  初花と鳥たち

     
 

    ~上野の春、満開の近し~

     
         

    

   今回の武蔵野だよりは三菱財閥の岩﨑邸からスタート。

   椋の上野句会でも何度も登場する名園。

 

 

       

 
 

 

  

 

 

   

   

 

 

   玉石垣の土手には諸葛菜。

 
line
 

        威風堂々・・・

 

     

 
 
 

   

 

        

 

 

 

   邸内は撮影禁止なので中庭から望みます。

 
   
      

   ガーデンチェアで休憩しましょうか。

 
              
   
           牡丹の芽はもう立派です

 

 

  

 
 

 
 

 

     岩﨑邸を後にして

  不忍池に戻ってきました。

  こちらはボート池。

 
   
    

   「鳥たちの時間」と題されたモニュメント

 

      黄色い蹼(みずかき)が可愛い

 
         
           

          川鵜の首はよく曲がる

 
   
      同窓の二人、何を見ているのでしょうか・・・  
   
     

        今日の句会は26名と盛況ですよ。

 

  

  

 
 

      

     思い思いに句想を練ります。  
   
          

        初桜は今日もたくさん詠まれました。

        

   
         
 

  

     
   
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年3月18日  
 
       
  撮 影・文:高橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。