logo 2016年 <立夏号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第87回 椋関西句会Ⅱ <番外編>

     
 

    ~大阪 島本町の春を歩く~

     
         

    

   

  島本町は、桂川、宇治川、木津川が合流して淀川となる

  京都に近い交通の要所。椋関西句会Ⅱはこの島本のあたりと、

   天王山やサントリー山崎蒸留所が近くにある大山崎とを

  拠点として、2ヶ月に1回の割合で吟行を行っています

 

 

       

 
 

 

  

 

 

   

   

 

 

   根元に近い幹に噴き出した桜が咲ききって。

   健気ですねえ・・・

 
line
 

        青空に向かう松の花が元気元気。

 

     

 
 
 

   

 

        

 

 

 

   何を撮っているのかな。

 
   
      

   何を視ているのかな。

 
              
   
          

   野蒜をたっぷり摘んだあとは虎杖も。

   さりげなく太い芽を折っていただいた。

   初めての味でしたが、懐かしい苦味でもありました。

 

 

  

 
 

 
 

 

     じっと見つめてくる白犬がけげんそうな目を向けて。  
   
    

 

 

 

    南の海を思わせるエメラルドブルーの甕には

    可愛い金魚が・・・ これも句材に。

 
         
      浮んだら、すぐ書き留めるのが句作の極意かも。      

          

 
   
       さあ、句会場へ急ぎましょう!  
   
             

     今日の句会は総勢10名。

     ランチが来るまでが勝負!と句想を練ります。

 

  

  

 
 

      

    句会が終れば三々五々・・・ 

  遠くから来られているメンバーと2ヶ月後の再会を

  約して帰路につきました。 「またね~」

 
   
         
 

  

     
   
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年4月10日  
 
       
  撮 影・文:岡村 潤一  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。