logo 2016年 <小暑号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第89回 初夏の会津 <番外編>

     
 

    ~ ~

     
         

      今回は趣きを変えて、遠く会津へ遠征。

     素晴らしい自然が出迎えてくれました。

     会津盆地を見下ろすのは東北の名峰

     飯豊山。まだ残雪ですね。

   

 

       

 
 

 

  

 

 

   

   

 

 

  訪れた葡萄畑。

  初夏の日をいっぱい受けて成長中。

 
line
 

          もう葡萄の花穂が出ていますね。

    

 

     

 
 
   

 

 

 

  この花はガマズミ。秋には小豆大の真赤な実を

  山のようにつけてくれます。

 
 
   

 

 

    葡萄園をあとにして、つぎに訪れたのは

  旧日中線 熱塩駅。昭和39年3月末に

  廃線になりました。

 
 

 

 

 

 

       駅舎には当然ようにの燕の巣が・・・

   
   

 

 

 

 

  

   

   鉄人28号のような顔は退役のラッセル車。

   「乗ろう」とパパにせがむ子供達。

 
 

   

 

 

 

      昭和気分濃厚な3等客車の座席。

      誰とはなしに修学旅行列車の話をひとくさり。

 

      

 
   
      

   つぎに向かったのは「ひめさゆりの丘」。

   村人達が丹精した群生地です。

 
              
   
          

       折りしも躑躅と一緒に咲いていました。

 

 

  

 
 

 
 

 

     見下すと代掻きが終わった田が輝いてます。  
   
       

      翌日は曇天のなか、大内宿へ。

    途中の峠では、桐の花や山藤をたくさん

    見ましたが、写真は撮り忘れました。

 
         
             

          

 
   
       高台から見た大内宿は箱庭のよう・・・  
   
             

            猪独活の白が目に焼き付きました。

 

  

  

 
 

      

     

  今回は駆け足の旅でしたが、またゆっくり・・・

  葡萄の収穫時期にでも来ましょうか。

 
   
         
 

  

     
   
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年5月29,30日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。