logo 2016年 <立秋号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第90回 盛夏の天文台

     
 

    ~三鷹の国立天文台を尋ねて ~

     
         

      今日は日盛りの天文台へ。

     三鷹にある国立天文台。

       さすがに日曜日はひっそりです。

     

   

 

       

 
 

 

  

 

 

   

   

 

 

  早速中へ・・・

  入場無料なのが嬉しい。

 
line
 

    中へ入ると林の中に小さな天文台が

    見えてきました。

    

 

     

 
 
   

 

 

 

  

   このくらいの屈折望遠鏡なら

   どこにでもある?

 
 
   

 

 

    昼なのに、望遠鏡が活躍?

  天文台の職員の方が説明しているのは、太陽の黒点

  折りしも、黒点観察会が開かれていました。

 
 

 

 

 

 

       見入っているのは何かな。

   
   

 

 

 

 

   太陽系を説明するプレートでした。

   この先に水金地火木土天冥・・・のプレートが

   並んで。

   

   

 
 

   

 

 

 

      

    頭上を仰げば、えごの青実が星のよう・・・

 

      

 
   
      

   つぎに向かったのはメインの天文台。

   ここで様々な星の観察が行われました。

 
              
   
          

         中は意外に広い。

         観測を止めた今は展示室に。

 

  

 
 

 
 

 

     

  これが65センチ屈折望遠鏡。

   流石の雄姿です。

 
   
         
       

   構内には望遠鏡に負けないほどの大きな百合が

   咲き誇っていました。

   

          

 
   
       百葉箱はいつも寡黙・・・  
   
             

           遠い宇宙に思いを馳せ、すこしだけ

           涼しい気分になれた一日でした。

 

  

  

 
   
         
 

  

     
   
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年7月10日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。