logo 2016年 <秋分号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第92回 秋黴雨の目黒自然教育園

     
 

    ~ 秋の気配を一句に ~

     
         

      

  秋に入ったというのにこの暑さ。片陰が恋しい。

     

   

 

       

 
 

 

  

 

 

   

   

 

 

  ヨウシュヤマゴボウとエノコログサがコラボして。

 
line
 

    よく見ると芙蓉の花の中に蜂が・・・

    快楽の瞬間か。

    

 

     

 
 
   

 

 

 

     

       フェンスに絡まって、零余子が実っています。

 
 
   

 

 

    

 

     三稜草は実をつけて。

 
 

 

 

 

 

       見方によってはモネの池より芸術的かも?

   
   

 

 

 

 

   視線の先には何が・・・

   

   

 
 

   

 

 

 

      

    手の届きそうなところに、

    秋蝉が力いっぱい鳴いています。

 

      

 
   
      

      露草は、蛍草とも。

 
              
   
          

      常山木の花の盛りに、思わず立ち止まります。

 

  

 
 

 
 

 

     

  

 
   
         
       

   凌霄の花も最期の勢い。空はもう秋の装いですね。

  

   

          

 
   
         
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年8月7日  
 
       
  撮 影・文:亀井 千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。