logo 2016年 <立冬号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第93回 秋麗の深大寺

     
 

    ~ 深まりゆく秋を尋ねて ~

     
         

      

   今日訪ねるのは、調布の深大寺。   

   俳句にゆかりのある名刹ですね。

   門前には蕎麦茶屋が多数並んで。 

     

   

 

       

 
 

 

  

 

 

   

   

 

 

  水木しげる氏が名誉市民の調布市では

  鬼太郎やねずみ男がお出迎え。

 
line
 

    新蕎麦の笊、せいろが干されていますが、

    蕎麦屋は横目に通り過ぎ・・・

    

 

     

 
 
   

 

 

 

     

      一行が目指すのは?

 
 
   

 

 

    

 

     途中、白曼珠沙華が咲き残っていました。

 
 

 

 

 

 

       石田波郷のお墓。

       箒で掃き清めた後は、俳句の上達祈願?

   
   

 

 

 

 

   境内には波郷の句碑が。

   「吹きおこる秋風鶴を歩ましむ」

   

   

 
 

   

 

 

 

 

      お参りの後は水生植物園へ移動。

      

    

 

      

 
   
      

     夫唱婦随・・・

 
              
   
   

           釣鐘草            

 

 

            吾亦紅

 
 

 
 

 

 

   パンパスグラスに見とれて、さて一句。

    

 
   
         珍しい蟷螂の産卵風景を見つけました。    
                  

   深大寺城址には31個の礎石だけが残され

   往時を偲ばせます。

          

 
   
     こうして深大寺の秋はどんどん深まっていきます。    
         
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年9月30日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。