logo 2016年 <大雪号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第94回 名栗「紅葉あかり展」

     
 

    ~ 山雀亭の周辺 ~

     
         

      

   今日は恒例の名栗紅葉明り展を訪ねました。   

   冬紅葉の歓迎を受けて・・・ 

     

   

 

       

 
 

 

  

 

 

   

   

 

 

  道路の法面を飾る壁画。

  鮮やかな色使いに感心。

 
line
 

         ダム湖の冬紅葉

    

 

     

 
 
   

 

 

 

     

      今日は埼玉県民の日とやらで

      イベントが開かれています。

 
 
   

 

 

    

 

     空飛ぶ恐竜

 
 

 

 

 

 

       冬桜が空を明るくして・・・

   
   

 

 

 

 

   明治初期に建てられたという古民家

   ひらぬまが「紅葉あかり展」の舞台。

   庭の佇まいに詩心が湧くようです。   

   

 
 

   

 

 

 

     座敷ではトンボ玉を使ったアクセサリー

     製作体験が大賑わい。

      

    

 

      

 
   
      

    商売繁盛?

 
              
   
   

          こんな設えも名栗流?          

 

 

            

 
 

 
 

 

 

     場所を移して、こちらは山雀亭の入口。

   木口の美しく揃った薪が出迎えてくれます。

    

 
   
         

    もう、句会にそなえて、初冬の句材さがしに

   皆な真剣。

 

   
                  

   ひとり句作中・・・それとも?

  山雀亭に増築されたベランダの居心地が良さそう。

          

 
   
     さあ、句会が始まりました。    
   
       そして名栗には冬の足音が近づいています。  
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2016年11月14日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。