logo 2017年 <清明号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第98回 第16回はこべら俳句大会 【番外編】

     
 

    ~ 砂町銀座と波郷の里 ~

     
         

      

   よく晴れあがった三月十二日、江東区砂町文化センターで

   石田波郷記念 第十六回「はこべら俳句大会」授賞式が

   開かれました。今回より椋の石田代表が選者として参加

   された俳句大会。石田波郷が愛したゆかりの砂町界隈を

   尋ねました。   

  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

  仙台堀川の静かな佇まいが出迎えてくれました。

  波郷も見つめた川面・・・

 
line
 

      いよいよ砂町銀座。

      入る前から下町の活気が伝わるようです。

 

     

 
 
 

 

 

    繁盛店らしい焼鳥屋のいい匂いが堪りません!

 

     

     会場の砂町文化センターには看板が出て

 
 
   

 

 

    

 

  センターの二階には石田波記念館が

 常設されています。

 
 

   
         波郷愛用のカメラ達                  代表句と自解
   

 

 

 

 

  受賞会場にはそろそろ人が集まってきました。

 
 

   

 

 

   選者が並んで会式前の緊張のひととき。

   奥から、石田代表、上田日差子(ランブル主宰)、

   大串章(百鳥主宰)、鈴木しげを(鶴主宰)、

   徳田千鶴子(馬酔木主宰)の各氏。  

    

 

      

 
   
      

    受賞者へ賞状の授与をする石田代表。

 
              
   
        特選句、入選句の講評は和やかに進みます。

         

                   

 

 

            

 
 

 
 

 

   上田日差子選の大河原晶子さん(左)と

 石田郷子選の筆者。

 他に当日ご欠席の田口くるみさんも鈴木しげを選に

 入りました。

 
   
         

     右から石田代表、上田日差子氏、大河原晶子さん、

     そして筆者。

 

   
         
   
     

  授賞式が終わる頃には日が傾き、砂町銀座は

  夕餉の仕度のための買い物客で賑わい始めて

  いました。

 
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年3月15日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。