logo 2017年 <立夏号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第99回 花と遊ぶ

     
 

    ~ 矢川の春はたけなわ ~

     
         

      

   吟行のスタート地点、矢川駅前の桜。

  満開まではもうひといきでしょうか・・・

  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

  畑の片隅に見つけたものに皆の視線が集まります。

 
line
 

      大根の花。アブラナ科の十字花です。

      試しに食べれば確かに大根の味が。

 

     

 
 
 

 

 

 ヒメオドリコソウとムスカリがまるで姉妹のように。

   

 

     

     流れの中にあるものは何?

 
 
   

 

 

    

 

   

   これぞまさに蝌蚪の国!

 
 

 

 

 

 

   咲き分けの桃の花。ちょっと不思議ワールドです。

   
                           
   

 

   ハルノノゲシと土筆。春の可愛い脇役たち。

 

 
 

   

 

 

   

                        陽光桜が薄日に映えます。

 

    

 

      

 
   
      

 接骨木の花に顔を寄せて。どんな匂いがするのかな

 
   
        

      木五倍子(キブシ)の花房が良く照って。

                   

 

 

  柃(ヒサカキ)の花。 

 

          木の花の風情には心惹かれますね。

 
 

 
 

   矢川の春を見つめるのは私たちばかりではないのですね。

 この猫は何を思っているのでしょうか・・・

 
   
         

  今日もたくさん句を授かりました。春を彩る花たちに感謝して。

 

   
         
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年4月2日  
 
       
  撮 影・文:亀井 千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。