logo 2020年 <立秋号>     
                   
toumei home soukan-no-ji 10ku anthorogy musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

     

 

                                                 
  サングラスしてカロリ l を控へねば

 

 

  夏茱萸の甘くて渋し何時会はむ

  夜鷹鳴く腓返りに効く薬

  草引いてかはたれ時をやり過ごす 

  古祠あれば祈りて麦の秋

  老鶯や山墓に道尽きにけり

卯の花のこぼるる獣道縦横

  湯を入れてポ ッ ト鳴りたる若葉冷

  東京はえご咲く頃か湯の沸いて

  頰の朱き鳥の来てゐる端午かな

  石田郷子 夏茱萸  

九 十 五 号

                                                 
  Back Number


line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。