logo 2019年 <小満号>     
                   
toumei home soukan-no-ji 10ku anthorogy musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

     

 

                                                 
  かがよひて春の泉となりゐたり

ハ l ブ テ ィ l チ ェ リ l ボ ン ボ ン 春 の 昼   永日の光りて過ぐる鷹の腹

  さめぎはの夢かも河原鶸とんで

  バス少し待つてくれたる春の雪   春寒のそれでももう少し歩く   春禽の色とんでゆく林かな

  昇つたり降りたり春のまだ浅し   囀や工房にある中二階

  浅 春 の 木 々 をゆがめて吹き硝子

  石田郷子

永日

 



第八十七号

                                                 
  Back Number


line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。