logo 2022年 <小満号>     
                   
toumei home soukan-no-ji 10ku anthorogy musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

     

 

                                                 
  金縷梅に顔集まつて来たりけり

 

  気心を知るといふこと花菜漬

  箔押しのしろがね色や春隣   亡き猫と聴いてをるなり霜の声

  ダムを見て寒さの底にゐるらしき

  寒禽のすぐそこにくる朝御飯

冬萌に大きすぎるよ独り言

  氷柱には木霊が棲んでゐるのかも

  冬眠の守宮をこぼす薪かな

  風花のあとさき空の底知れず

  石田郷子 木霊  

一〇五 号

                                                 
  Back Number


line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。