logo 2022年 <秋分号>     
                   
toumei home soukan-no-ji 10ku anthorogy musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

     

 

                                                 
  昔日や鏡の奥に蜘蛛が住み

 

  金輪際母にかなはず豆御飯

  時鳥渓を隔つるこゑならむ

  山霧のところどころの青山椒

  てつぺんに齧りし痕や真竹の子

  卯月野や陸続と来るオ|トバイ

一つ飛ぶ卯の花月のにはたづみ

  起きてきて青葉の雨に声こぼす

  そのこゑの聴こゆるやうや蝸牛

  木の花のこぼれ止まざる泉かな

  石田郷子 昔日  

一〇七 号

                                                 
  Back Number


line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。