logo 2022年 <大雪号>     
                   
toumei home soukan-no-ji 10ku anthorogy musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

     

 

                                                 
  高垣に小禽こもる神無月

  赤い絵の掛けてありたる冬隣

  皀角子や不意の言葉が胸打つて

  秋暮れてゆく度忘れの度を越して

  跨いだり潜つたりして紅葉狩

  秋蝶や翅をひらけば鏡めく

刷新といふ思ひあり水の秋   同い年秋のビlルを飲み干して

  破案山子なれど睨みを利かせをる

  揺るがざる声となりきしつづれさせ

  石田郷子 皀角子  

一〇九 号

                                                 
  Back Number


line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。