logo 2021年 <霜降号>     
                   
toumei home soukan-no-ji 10ku anthorogy musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka Link
line

     

 

                                                 
  水槽に日の差す時間小鳥くる

 

  あの頃は頑張つてゐた青棗   鳳仙花板打ち付けて捨つる家

  野仏のにつこりとして秋近し

  萍のうへを歩いてしまひさう

  うまくないけどとくださる真桑瓜 自販機とベンチと鉢のゼラニ ュ |ム

  夏の夜や照らせば鹿の眼のあまた

  県道を跳ねて森青蛙かな

  岩煙草たたなはるとは此のこと

  石田郷子 水槽  

一〇二 号

                                                 
  Back Number


line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。