logo 2018年 <小寒号>    
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第106回 海雀の会Ⅰレポート 

     
 

    ~ 霜月の里山、名栗川を歩く ~

     
         

   冬晴れの鳥居観音

   今日は名栗の句会「海雀の会Ⅰ」を尋ねました。

  名残の冬紅葉が彩りを添えています。  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

  日に七本のバスで、椋の面々が降りてきました。

  みな防寒はばっちり。

 

  

 
line
 

     今日は関西からはるばる来訪、ふけとしこさんが

     句会に加わって頂きました。

 

     

 
 
 

 

 

   

 

 

 

 

    古民家ひらぬまの囲炉裏端で

    もう恒例の肉つけうどんで腹ごしらえ。

    

    

    

    

 
 
 

 

  

 

 

     メンバーのお一人、英一さん手作りの

     藁鉄砲。

     十日夜(とおかんや)に使うのだそうです。

 

   

   

 
         

      

  

  

 

 

   健脚組は鳥居観音の展望台を目指して・・・

   師の影を踏まぬようにね。

         

 

 

 

     山眠るなか、名栗集落を見下ろして。

     

                 
         

 

  

 

  

     冬ざれの名栗川に句材を探す節子さん。

 
 

   

 

 

   

            冬青草を踏めば話が弾みます。

              

      

 

    

 

      

            

 
   
          

  句会場の山雀亭には美しく切り揃えられた

  榾木が積まれて、皆をお出迎え。

 
   
        

 

    ふけさんの軽妙な話術にひとしきり和やかに

    なった後はみな真剣に句作に没頭します。

   

 

                   

 

          

 
 

 
 

    囲炉裏の温もりと鉄瓶の湯のたぎる音が

  外の寒さを際立たせるのでしょうか。

  名栗に本格的な冬が訪れるのはもうすぐ・・・

 
   
         
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年11月25日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。