logo 2018年 <立秋号>    
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第114回  名栗の盛夏

     
 

    ~ 快晴の七月朔日 ~

     
         

     定例の矢川句会。今日は名栗へ遠征?です。

      今日から七月。どんな句が生れることでしょう。

   

 

 

      名栗川に鮎釣りの人を発見!

 
 

 

 

 

 

   

   

 

    送迎バスを降りたら直ぐに吟行・・・

    みんな真面目。

    

 
line
 

      

 

     

 

 

 

   周囲の山々を仰げば、印象的な白い花。

   この花は楸(キササゲ)だよと先生が。

 
 
 

 

        

  山の茶屋にて、お待ちかねの昼食。

 

 

       

      こちらは蕎麦御膳。

 
 
 

 

       

 

   

   

 

      食事の後は、バスで移動。

      川原で涼を取りましょうか。

 
         

      

 

 

    

      それぞれ、好きな石に腰かけて

      句想を練ります。

  

   

                                     

 

 

 

   夏川の石を返せば、ざざ虫が・・・

   でも冬の季語だそうです、残念。

     
   
       

 

       

 

 

  

 

  

     先生の引率で観音滝へ・・・

     

     

 
 

   

 

 

 

     正しく「滝涼し」で一心に句作かな?

 

  

                 

 
   
          

    観音滝の雄姿? とにかく涼しかった。

  

 
   
          

    途中で見掛けたのは・・・糊空木の残花

                   

 

        

  そして、枝にぶら下がる地衣類の松蘿(さるおがせ)

 
 

 
 

       

 

   句会場は名栗地区行政センター

   思いもかけず立派な建物でした。

 

  

 

 
   
 

       今日の兼題は・・・「蛍」

         実は句会の後に蛍を観る予定なのです。

   
   
   

 

 

名栗湖の夕暮れを堪能しながら、蛍の出現を待ちました。

 

たくさんの蛍に出合えて◎の一日でした。

    

 

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2018年7月1日  
 
       
  撮 影:亀井千代志、髙橋 白崔 文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。