logo 2017年 <大雪号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第106回 初冬の矢川

     
 

    ~ 晴天の小六月を歩く ~

     
         

   椋の定点観測「矢川吟行」はJR南武線

   谷保駅からスタート。

   駅前の箒木紅葉がうっすらと。

  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

  連衆がいつもお世話になる駅前のおにぎり屋。

  店の方とはすっかり顔なじみ。

  

 
line
 

     ぶらぶら歩いて見つけた冬瓜。

     まだまだ大きくなりそう。

 

     

 
 
 

 

 

   

 

 

 

 

 

    今日はいつものコースを外れて、ママ下湧水へ。

    藁ぼっちが印象的です。

    

    

    

 
 
 

 

  

 

 

     ここが水源。

     びっくりするほど豊かな湧水です。

 

   

   

 
         

      

  

  この辺りは生産農家が多い。 

         

 

 

 

     さて所変わって第六小学校前を

     ゆく椋の面々。

                 
         

 

  

 

  

     視線の先は何?

 
 

   

 

 

   

      湿地では犬連れの人をよく見掛けます。

   ハスキー犬のようですね。

              

      

 

    

 

      

            

 
   
          

  福島から八王子へ転居してきた山音さんは

  この日、初参加です。

 
   
       畑の隅に冬菊をたくさん見ました。 

   

 

                   

 

          

 
 

 
 

    句会場は、くにたち郷土文化館の地下研修室。

  いつものように句会は和やかに、真剣に進行します。

 
   
         

 

    本格的な冬を迎える前の貴重な晴天が

     うれしい一日でした。

 

           

 

   
   
         
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年10月27日、11月11日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。