logo 2021年 <小寒号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第143回 歳晩の上野

     
 

    ~ 冬の足音とともに ~

     
         

    冬青空の下、

    湯島天神から一人吟行のスタート。

   

  

       

 

    

line  
 

 

  

 

 

   

 

 

  

天神様のおんな坂では手相見が。

 
line
 

          

 

 

 

  

  

  

 

 梅の古木の根本では敷き藁の作業中。

 
 
 

        

 

    

    

    

       店先に見掛けた応援メッセージ。 

 

 

 

 
 
 

              

 

   

 

 

 

 

  

  アメ横の空は狭いけど高い。

 
    

 

 

 

      

        

         上野公園の風物詩

         大道芸の路上画家。

 

 

 

 

 

  世界遺産の国立西洋美術館は

   修繕の為2022年春まで休館・・・

    残念! 「考える人」が見られない。

 

       

 

  

  

 

 

 塀越しの冬紅葉も乙なもの。

 

  line  
 

  

      

 

 

 

  神社では大榾が積まれて大晦日を待っています。

 

 

  

 
 

    

 

    

  

 

 

  この時期はお参りの人影も少なく。

 
   
     

 

 
      

          不忍池の枯蓮は絶好の句材。

 

 

      

 

  

  

 
   
   

 さてここで問題、雀は何羽いる?

 
         
        今年は句会も吟行も叶わないことが多い

      一年でしたね。 

      来年は佳い年にしたいものです。   

    

   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2020年12月16日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。