logo 2019年 <小暑号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第125回  椋吟行会~福井の旅

     
 

    ~ 第一日 一乗谷・永平寺 ~

     
         

      

  今日から恒例の二日間の吟行旅行。

  福井駅にみなさん集まってきましたよ。

       

 

    

 
 

 

    

 

 

      

さあ、貸切バスに乗り込みましょう。石田代表はいつも先頭です。

 

 
line
 

      

今日はどんな句材と出会えるでしょうか。車内はもう浮き浮き気分。

 

 

 

     

     まずはお昼ごはん。地元自慢のお蕎麦に舌鼓。

 
 
 

        

       

 

 

腹ごしらえができたら、やっぱり散策ですね。一乗谷はえごの花の盛りです

 
 
 

       

      

 

   

新緑の中、朝倉氏の遺跡が広がっています。いにしえに思いを馳せて。

 
   

 

        

バス移動して、曹洞宗大本山永平寺にやってきました。いつになく敬虔な気分に。

 

 

 

   

                                                    

   

 

 

  

拝観順路には長いゆるやかな階段が続きます。

傘松閣の絵天井が見事。

   
 

         

広い堂内をゆっくりとひと休みしながら……。

 

 

    

   遠くに見えるのは栃の花でしょうか。

 
 

           

           

 

  

       

 

 

  

大きな擂粉木にびっくり。撫でたらお料理が上手になるのかな?

 
   
           

一葉観音の池。水中に何か見つけたんでしょうか。

     

 

ホテルに着いて一息ついたら、さあ乾杯です。

 
   
       

   ホテルに着いて一息ついたら、さあ乾杯です。

 

  

 
     
        

自己紹介や歌や詩吟も飛び出るなごやかな宴の席。    でも、やっぱり句のことが気になって……。

    

 いざ、句会スタート。

 
   
                      

一日目の締めくくりはもちろん句会です。今日もたくさん句を授かりました。

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2019年6月25日  
 
       
  撮 影:亀井千代志/岡村潤一 文:亀井千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。