logo 2021年 <雨水号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第145回 矢川の現在

     
 

    

     
         

    いつもの踏切を渡って一人吟行の始まり、始まり。

       

 

    

line  
 

 

  

     いつもよく手入されている畑です

 

 

     

 
line
 

          

 

 

 

  

  

  

 

 仏の座

 
 
 

        

 

    

    

    

     校庭では大縄跳びの最中

     子供たちの喚声が明るく響きます

 

 

 

 
 
 

              

 

 

  

 
    

       

    

   矢川は冬の雨不足で湧水が涸れかかって

 

 

 

 わずかな水溜りに屯する鴨たち

 

 

 

 

  

 

 湿原の榛の花も乾ききって

       

 

  

  

 

 

   水涸れのお知らせが目に入りました

 

  line  
 

  

      

 

 

 

    ばっさり伐られた芭蕉の無残な姿も

    痛々しく

 

 

  

 
 

    

 

    

  

 

 

  ママ下湧水のにわたずみに

  春の鴨が寂しそう

 
   
    この流れがいつもの”矢川”に戻るのは何時の日?    

 

 
   
         
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2021年2月7日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。