logo 2019年 <雨水号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第120回  谷保の二月

     
 

    ~ きさらぎの風を受けて ~

     
         

        受験シーズンですが、谷保天神にお参りする

        人影は意外に少ない朝ですね。

   

 

    

 
 

 

     

 

 

  

    

   

   大宰府からの飛梅はちらほら咲き出しています。

 
line
 

        梅林には梅見の人が集まっていますね。

 

     

 
 
 

        

 

 

       

     

 

   ひときわ目を引いた一羽。何でも軍鶏と矮鶏のミックスとか。

 
 
 

 

       

 

   

   

 

     

  椋の面々もしばし梅園で句作。

 
   

      

 

 

    

          

    こちらの方はペンではなく絵筆で梅林を捉えています。

       

 

  

   

                     

           

                   

 

 

 

   天神を出て田園地帯を歩き始めると、もう仏の座が。

   
       

 

                

 

     小川に沈んだ紙切れの上に残っているのは

     蜷の道。

 

 

  

 

 
 

   

         

 

 

           空から降ってきて突き刺さった?

           不発弾のような春大根

 

  

       

 
   
                 いつも訪れる古民家は葺き替えの最中。  
   
          

         

       私たちが頼みとしていた椋大樹の

       変わり果てた姿。

         

       

                   

 

      

 

 
     
               柿の木の林もすっかり掘り返されて一本も残っていません。

    谷保の自然がどんどん壊されてゆくのを見るのは辛いものです。

 
   
               それでもめげずに句会。    
          

       

  

     失われ行く自然を詠み止めるのも私達の役割でしょうか。  
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2019年2月16日  
 
       
  撮 影&文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。