logo 2020年 <立秋号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第138回 梅雨深き谷保を歩く

     
 

    ~ ひとり吟行も偶にはいい ~

     
         

 

    予定されていた谷保の吟行は新型コロナの感染再拡大の

  影響で急遽、中止に。

  仕方なく一人吟行を決行!

  谷保天満宮の撫で牛が出迎えてくれました。

  

       

 

    

line  
 

 

   天神の森はいつ来ても小暗いまま。

 

 

   

 檜扇(射干)もどこか寂しげ

 

 
line
 

           

 

 

 

   

 

  

 畑の真ん中、 

 この眼光には圧倒されました。

 
 
 

        

 

    

    いつもの梅林にも人気はありません。

 

 

 

 
 
 

         

      

 

   

 

 

 

 

  雨上りの天神の鶏たち。

  

 
    

 

 

 

      

         天神の裏手にはもう青田が広がって

 
 

 

 

 

 

 唐黍畑はもう収穫時です。

   

   

 

 

               昼過ぎの三時草。

 

  

  

  line  
 

  

      いつも句材になる真菰はぐんぐん伸びて。

 

 

     

    古民家の濡れ縁も今日は無人。    

 

 
 

   

     校庭には少女も混じる少年野球団が。   

 

 

    

  椋の連衆が楽しみにしている無人販売所。

 
   
      

 「一人吟行も偶には良いか」と強がって

 みましたが、やはり吟行の醍醐味は感動の

 共有にこそ、あるのだと改めて感じ入りました。

 

 

 早く皆で吟行を愉しめる日が戻ることを祈って。

      

 

  

  

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2020年7月18日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。