logo 2018年 <寒露号>    
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第116回  稲の秋

     
 

    ~ 雨の谷保を歩く ~

     
         

     秋霖の一日、いつもの谷保を歩きましょう。

     牛膝(いのこずち)が連衆を励ましてくれます。

   

 

 

      

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

    谷保天満宮の裏道を下ると、稲田に出ます。

    

 
line
 

          もう刈り入れ間近と言わんばかりの稲穂。

 

     

 
 
 

        

 

 

       

     

 

   洋種山牛蒡も色づきました。

 
 
 

 

       

 

   

   

 

     

    臭木の花はコバルトブルーの実に変わっています。

 
   

      

 

 

    

                 雨に濡れても葛の花はよく匂いますね。

 

  

   

                                       

 

 

 

   稔り田の中に見えるのは・・・

   
       

 

       

 

 

  

 

  

     ビニールの雨被いをつけた案山子たち。

     

     

 
 

   

 

 

 

           いつもの古民家ではお弁当が始まります。

 

  

                 

 
   
          

    座敷の奥には月祀る室礼がひっそりと。

  

 
   
          

       さあ、紫式部の生る小路を句会場へ急ぎましょう。

                   

 

        

 

 
 

 
 

      

 

   

  推敲に沈む面々に沈黙の時間が流れます・・・

 

  

 

 
   
 

          豊の秋はこれからが本番ですね。

   
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2018年9月15日  
 
       
  撮 影:髙橋 白崔 文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。