logo 2017年 <立秋号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第102回 椋の駿河吟行会<後篇>

     
 

    ~ 日坂宿から小夜の中山、御前崎を巡る旅 ~

     
         

   夏至号に引き続き、椋吟行会レポートの後篇。   

   先ずは東海道の宿場「日坂宿」へ向います。

   二日目ともなれば皆、調子が出てきましたね

  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

  東海道 品川宿から二十五番目の「日坂宿」

  江戸の面影を残す旅籠「川坂屋」にて。

 
line
 

      ボランティアの方の説明に耳傾けて。

 

     

 
 
 

 

 

   

 

 

 

 

    薄暑の街道筋を抜け来て

    本陣跡の緑蔭で暫しの憩い。

    でも作句は忘れません。

 

 
 
   

 

 

    

   

   さてチャーターバスの着いたところは

      茶畑の真ん中。ここから小夜の中山を

       歩いて目指します。

 
 

      

   
         

 

 

 

     途中で直ぐ立ち止まるのは俳人の癖?

 

 

                 
         

 

  

 

 

  

  立派な夏薊は確かな句材。

 
 

   

 

 

   

                    ベンチがあるから坐る。

      

 

    

 

      

            

 
   
      

   満ち足りた顔が並んで旅の充実が思われます。

 
   
        

    さて、またバスに乗って今度は何処へ?

 

                   

 

          

 
 

 
 

   

   潮の香が心地良い海辺へ。

 
   
         

             すこし丸みを感じる水平線。

 

   
      やはり燈台には青空が似合いますねえ  
   
              

              最後はお決まりの集合写真で締めましょうか。  また次回の吟行会でお会いしましょう!

 
         
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年5月21日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔/岡村 潤一/亀井 千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。