logo 2019年 <大寒号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第132回 待春の上野をぶらり 

     
 

    ~  ~

     
         

      

    今日は上野の定例句会  

    冬深む上野は人影もまばら

  

       

 

    

line  
 

 

    

 

 

 

 

 

 

  湯島天神へは女坂を選びましょう

 
line
 

           探せばもう一輪ほどが

 

 

 

   

    

 
 
 

        

       

 

 

 

 

 

 

 明日はセンター試験という金曜日で

 受験生の姿はありません

 

 
 
 

         

 

 

    

    湯品天神から旧岩﨑邸はすぐそこ

    明治の風格ある佇まいに圧倒されます

 

   

  

 
   

   

   

 

  

 

       

 

  明治から三菱財閥を観続けてきた冬木

  line  
 

  

 

 

 

    

   

   上野公園に戻れば・・・

   

   お昼時はどこも行列ですね

 
 

           

    

 

 

       不忍池に枯れが極まって

     

 

 

   

   

 
   
               

 

   一心に水を飲む猫にほっこり  

 

 
   
      上野には長躯のチェロ弾きが出没します

      

 

  

  

 
   
   

句会場でばったり

左からみやこさん、玲子さん、あかね雲さん

 
      

                    さあ、句材は揃いましたね

   
      

上野にも芽吹きの春はもうすぐです

 

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2020年1月17日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。