logo 2020年 <雨水号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第133回 春浅き名栗を歩く 

     
 

    ~ 小さな春を見つけて ~

     
         

      

   

  今日は小雀の会

  少し春めいてきた名栗を歩きます

  山雀亭の三椏の蕾が今にもふくらみそう

  

       

 

    

line  
 

 

   福寿草と蕗の薹 足元から春がやってきて

 

 

   

 
line
 

           見上げればもう梅の花

 

 

 

   

 
 
 

        

       

 

 

 

 

 

迫力満点の名栗武州世直し一揆の壁画

ここは歴史のある土地なのですね

 

 

 
 
 

         

 

 

        恰好の句材を発見

        日陰にちょっと残る雪

        画像もしっかりGet!

 

 

   

  

 
   

   

   

 

  

 

       

 

  昨年の台風で流された橋が修復中でした

  少しずつ傷が癒えていく名栗川

  line  
 

  

   鳥居観音の入口に出ていた珈琲移動販売車

 

 

     

       しばしのコーヒーブレイクにホッと

 
 

           

    

 

  上名栗の諏訪神社に立ち寄り

  下名栗の諏訪神社は獅子舞で有名ですが

  こちらもなかなかの風情です

      

     

 

 

   

   

 
   
               

 

     

境内の木にあるムササビの巣穴

ここから社の屋根に飛び移るのだそうです

 

 
   
      

    今日もよく歩きました

    句会場の山雀亭へバスで戻りましょう

      

 

  

  

 
   
   

 

一転して真剣モード

しっかりと推敲します

 
      

       句会のあとは小雪ちゃんをモミモミ? 

       気持ちよさそう・・・

   
      

名栗の本格的な春はもうすぐです

 

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2020年2月8日  
 
       
  撮 影・文:亀井 千代志  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。