logo 2019年 <小寒号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第119回  歳晩の谷保

     
 

    ~ 冬晴れの納め句会 ~

     
         

        年の瀬の谷保天満宮は意外に静か。

        大銀杏はすっかり散って。

   

 

    

 
 

 

      湧水の鯉たちは元気です

 

 

  

    

          侘助は淋しい白だと思う

 
line
 

         四阿には椋の連衆が集まってきましたね

 

     

 
 
 

        

 

 

       

     

 

   谷保天神から裏の畑へ降りると、冬蒔きのものが。

   マルチという黒い覆いが光って眩しいですね。

 
 
 

 

       

 

   

   

 

     

  そこへ先生が登場。お隣の完全防寒は真実さん。

 
   

      

 

 

    

          

 

           一点の雲もない中にからたちの実。    

 

  

   

                     

           

                   

 

 

 

   覗き込んでいるのは自家製の切干大根。

   三日ほど干すと出来上がるそうです。

   
       

 

                

 

 

  

 

  

  歳晩の市民農園。

  人影もまばら・・・

 

 
 

   

         

 

 

 

            小公園のベンチで昼餉にしましょう。

 

  

       

 
   
                 

  というのも、いつもお昼の弁当を広げる古民家は

  修繕中でこんな具合。

  

 
   
          

         

   

       穏やかな冬日を満喫しながら、また歩きだします。

         

       

                   

 

      

 

 
     
              途中で見掛けた赤蕪の畑。みな元気に育ってますねえ。  
   
          

       納め句会の今日はいつにも増して真剣。

  

       
   
              

  一年間、「武蔵野だより」をご覧いただき、有り難う御座いました。

  来年も素晴らしい景と句に恵まれますように。

  どうぞ良い新年をお迎えください。

 
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2018年12月15日  
 
       
  撮 影&文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。