logo 2017年 <秋分号>  
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第104回 ににの会

     
 

    ~ 荻窪は俳句日和 ~

     
         

   椋の例会のひとつ、「ににの会」は荻窪がホーム

   グラウンド。今日は地元の秋祭のようです。

   こども神輿の元気な声が聞こえてきませんか。

  

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

  まずは、腹ごしらえから。丸長ラーメンの

  つけそばは絶品ですよ。

 
line
 

     都心とは思えぬ静かな佇まいの公園は

     荻窪中央図書館に隣接。

     四阿がオシャレですね。

 

     

 
 
 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

    

    ににの会ではここ、大田黒公園がメインの

    吟行先。

    折しも花嫁花婿さんの記念撮影が・・・

    

 
 
 

 

  

 

 

     すっかり元気を取り戻された遥子さんと

     右は千枝子さん。何を話しているのかな。

 

   

   

 
         

      

 

 

 

 

  だんだんメンバーが集まってきましたよ。

         

 

 

 

     句会場となる幻戯山房は旧角川源義邸。

     入口には、シンボルの芭蕉が待っています。

 

 

                 
         

 

  

 

  

  さほど広くはない庭ですが、みんな句材を

  求めて・・・

 
 

   

 

 

   

          ありました、ありました

           これは毒茸でしょうかね。

      

 

    

 

      

            

 
   
          芒の根本には、珍しい「南蛮煙管」が。  
   
        

    さあさあ、句材は揃いました、後は作句。

 

                   

 

          

 
 

 
 

   

   真剣で、静寂の時間が流れます。

 
   
         

           

 

   
   
         
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2017年9月8日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。