logo 2020年 <小暑号>     
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-椋吟行地のあれこれ~俳句風景を訪ねて-
 

 

第137回 【番外編】

     
 

    ~ 復活! 関西吟行句会② ~

     
         

 

  コロナ禍による外出自粛で3ヶ月ぶりの吟行です。

  場所は明智光秀と羽柴秀吉が戦った山崎の戦いで

  有名となっ た天下分け目の天王山。大山崎を吟行。

 

  古戦場の碑を過ぎると登山道です。

  

       

 

    

line  
 

 

   道端には額の花、柏葉あじさいが。

 

 

   

 
line
 

           

 

 

 

   

 

 

  

 南天の花が眩しいほどに。

 
 
 

        

     山梔子は昨夜の雨に瑞々しく

           梟のポストは可愛らしいですね。

 

 

 

 
 
 

         

      

 

   

 

 

 

 

  歴史を感じる美術館の入口。

  美術館は閉館中ですが庭園は開かれています。

  

 
    

 

 

 

  新緑の中、園内はほとんど私達のみの貸切り状態。 

 三角屋根の建物は休憩所です。

 
 

 

 

 

 

 合歓の花もちらほら咲き初めています。

   

   

 

 

   庭園の石畳は昨夜の雨で美しく照り映えて。

 

  

  

  line  
 

  

      睡蓮の池には蜻蛉も生まれていました。

 

 

     

   印象的な兎の彫塑は山を見上げています。  

 
 

   

   四阿のお三方はソーシャルディスタンスで歓談。   

 

 

    

  話題はもっぱら瑞々しい半夏生のこと。

 
   
      久し振りの吟行は少人数でしたが良く歩き

    良く喋った一日となりました。今回は吟行

    だけで後程、幹事さんに出句しての”つうしん

    句会方式”としました。

 

    皆で句会が出来る日が待ち遠しいですね。

      

 

  

  

 
   
         
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2020年6月14日  
 
       
  撮 影・文:岡村 潤一  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。