logo 2018年 <雨水号>    
                   
home soukan-no-ji daihyou10ku anthorogy namikimichi musashino kukaino-oshirase nyuukai-annai mukuno-shoka link
line

  musashino
-谷保、矢川に残る里山の風景を訪ねて-
 

 

第108回 井の頭恩賜公園を歩く 

     
 

    ~ 浅春の光を浴びて ~

     
         

   二月のににの会は井の頭恩賜公園で始まります。

    さて今日はどんな句材に巡り合えるでしょう。

     

   

 

       

 
 

 

 

 

 

   

   

 

 

    公園には三週間前の雪がしぶとく残って。

  

 
line
 

     おやおや、スワンボートは休業中。

 

     

 
 
 

 

 

   

 

 

 

 

    

    そうなんです。いつもボートが浮いている

 

    池は、かいぼりの真最中なのです。

    

    

    

    

 
 
 

 

  

 

 

    春泥にうごめくものを狙っているのでしょう。

 

   

   

 
         

      

  

  

 

 

   こちらは大掛かりな剪定中。

         

 

 

 

           クロッカスの見事な群生。

     

                 
   
       

 

         左はきささん、右は千枝子さん。

 

 

  

 

  

     カフェのお二人は春光を浴びて。

 
 

   

 

 

   

        陽光にまったく動かない・・・

              

      

 

    

 

      

            

 
   
          

   こちらもうとうと。

  

 
   
        

 

         檻から出たいんだろうなあ・・・

   

 

                   

 

          

 
 

 
 

    

   句会場では早くも推敲に耽っていますね。

 
   
 

              そろそろ投句締切?

 

   
   
 

 

    句会が終わって童心居を後にします。  
       本格的な春ももうすぐですね。    
         
   
 

  

     
  ※過去の1年間の武蔵野だよりは、下の節気をクリックしてください  
  g-leaf雨水  g-leaf春分   g-leaf穀雨   g-leaf小満   g-leaf夏至   g-leaf大暑  
  g-leaf処暑  g-leaf秋分   g-leaf霜降   g-leaf小雪   g-leaf冬至   g-leaf大寒  
 
     
 
  撮影日:2018年2月9日  
 
       
  撮 影・文:髙橋 白崔  
         
  otiba「矢川・青柳せせらぎのみち」(東京都HP自然環境情報”雑木林のみち”より)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/zoukibayasi/08yagawa.htm
 
  ※Page Top  

line
Copyright(C) 椋俳句会 All rights reserved. 当ホームページに掲載の文章・画像などを無断で転載・再配布することはお断りします。